渡邊 信
Shin Watanabe
全日本実業団少林寺拳法連盟会長
財形信用保証株式会社 代表取締役会長



<略歴>

昭和42年3月  東京大学法学部卒業
 同年  4月  労働省入省
平成13年1月  厚生労働審議官
平成14年8月  辞職
平成17年6月  中央労働金庫理事長
平成23年7月  現・財形信用保証株式会社 代表取締役会長
大樹の夢
  − 2012年 年頭のご挨拶 −

全日本・関東実業団少林寺拳法連盟の会長をお引き受けして4回目の年明けを迎えることができました。
皆様に支えられここまでこられたことに大変深く感謝申し上げます。

昨年は東日本大震災という未曾有の災害に見舞われ、図らずも人々の団結力や思いやりの心を試される年となりました。
開祖は「人づくりによる国づくり」を目的に少林寺拳法を創始されたとお伺いしています。少林寺拳法グループがいち早く支援活動に動かれたこと、また実業団連盟も根本理事長をはじめ多くの先生や拳士が現場に足を運んでの支援活動をされたこと、仲間として大変嬉しく誇らしく思いました。

しかし忘れていけないことは、地震そのものは昨年の出来事であっても、その復興は決して過去の出来事ではなく今後もまだまだ継続すべき事柄だということです。
今現在もなお、将来に希望を持てず不便で不安な暮らしを余儀なくされる方々が大勢いらっしゃいます。そうした方々の痛みを分かち合い、ともに前を向いて歩くことこそ開祖が説かれた自他共楽の実践ではないでしょうか。
職場で先頭に立ち、社会のリーダーとして日々活躍されている実業団拳士の皆さんなら必ずできると信じています。これからも日本社会を明るく力強く牽引してくださることを期待しています。

2012年の今年は十干十二支で言うところの「壬辰(みずのえたつ)」となります。
「壬」は海や大河を意味し、「辰」は草木の形が整った状態をさすものだそうです。どちらも生命力や繁栄をイメージさせる良い言葉ではないでしょうか。
大樹のような夢を描き、その実現に果敢に挑戦して皆で良い1年を作りましょう。