根本武美
Takemi Nemoto
第3代 全日本実業団少林寺拳法連盟理事長

JFE千葉少林寺拳法部 部長
5本の柱
 〜2013年 年頭のご挨拶〜

皆さん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

2013年は以下5本を実業団連盟の中心施策として推進していきたいと思います。どれも皆さんの協力なくしては実現できないことばかりです。皆様のご協力および積極的なご参画を期待しています。

まず「全日本実業団支部」の活動をスタートさせます。これは新井会長から課題として頂き2年掛けて準備を進めてきた企画です。日本社会の雇用の流動化が進むなか、転職・転勤・退職があっても修行を継続できるための施策です。実業団OB拳士を中心に2月から運営開始となります。まずは関東から始め、東海実業団、関西実業団でも準備ができ次第スタートする予定です。
次に、「新たな地域実業団連盟の設立」を推し進めます。最後の地方実業団連盟発足から36年経ちますが、こちらも最終段階に向けて現在準備中です。もちろん現地の方々に中心となって動いてもらっていますが、全日本実業団連盟としても最大限の支援をしていきます。
また夏には全日本規模の「実業団合同合宿」を開催いたします。地域や会社の壁を超え、少林寺拳法という共通のキーワードのもと集い共に汗を流し語り合いたいと思っています。世の中にあまたの異業種交流会がありますが、こんなに楽しい異業種交流会はそうそう無いでしょう。
併せて年代の壁を越えて「学生連盟の皆さんとのコラボレーション」も進めていきます。
また前進とともに今一度「足元を顧みる」年にしたいとも思っています。修行を継続して数年、人によっては数十年が経ち、初心を忘れてしまったり苦手分野を先送りにしたままとなっている人もいるでしょう。例えば、練習会場には一番に来ていますか。部内の雑務を率先して引き受けていますか。苦手な人と仕事で組んだ時に相手の長所を引き出していますか・・・。教えと技とが一体となったものが少林寺拳法です。内省し足元を固め、実業団内部の結束を固め、活性化を進めたいと思います。

今年も、力強く飛躍し、着実に前進していきましょう。